雑記帖

創作以外のことを書きます

対話篇

1

 


「これは嘘なんだけど、わたしには渾名がブロッコリーで髪の毛はストレートの友人がいるんだよね」

「そうなんだ」

「どこが嘘かっていうと、渾名がブロッコリーっていうところ」

「君には髪の毛がストレートの友人がいるんだね」

「でも実はその人は天パで、最近ストレートパーマをかけたんだ」

「君には髪の毛にストレートパーマをかけた友人がいるんだね」

「それで、これも嘘なんだけど、前は渾名がブロッコリーだったのにストレートパーマをかけたら渾名がカリフラワーになったの」

「カリフラワーをそんな目で見たことがあるんだ」

「どこが嘘かっていうと、前は渾名がブロッコリーだったっていうところ」

「君には渾名がカリフラワーの友人がいるんだね」

「なんで渾名がカリフラワーかっていうと、ロマネスコが好きっていう自己紹介をしてきたから」

「往々にしてそういう単純化は進行するよね」

「で、渾名をわたしがつけたっていうわけ」

「だから君は私のことをカリフラワーって呼ぶんだね」

 


2

 


「わたしのことを下の名前で呼んでくれてもいいんだよ」

「呼んでほしいならそう言えばいいじゃない」

「(恥じらいを見せながら)下の名前で呼んで」

「括弧内の内容をそうそう読み上げるものではないよね」

「君がもしわたしのことをブロッコリーと呼んだとして、それはわたしたちの秘密になるのかな」

「秘密にしようと思えば何でも秘密になるよ」

「『ブロッコリーと呼ばれている友人がいる』という言明はその意味では真偽がわからないよね」

「そうかもね」

「下の名前で呼んでほしいな」

「何がいい?クレオパトラとか?」

「そうやって成立するコミュニケーションがあってもいいのかなとは思う」

「興味ないの逆は興味あるだよね」

「わたしは君に興味ないよ」

「良かった、私も」