雑記帖

創作以外のことを書きます

大阪で円城塔&田辺青蛙のトークショーを見てきた

少なくともこのブログをご覧になっているような方々はご存知かとは思いますが私は今現在日本の中でも東京と呼ばれるところに住んでおりまして、そうして円城塔さんと田辺青蛙さんは大阪に住んでいる訳でありまして、したがいましてトークイベントは必然的に大阪で行われる訳です。そうしてまあこれもまた不運というものか我々の住んでいる世界は距離空間でありまして、歪みの少ない空間内ではそう簡単には移動を行うという訳にはいかないのでした。

f:id:RACBSK:20170709222304j:image

貨幣経済ですし。

いや、でもまあ、行くでしょう。明日ラテン語とフランス語のテストがあってもまあ行くでしょう。貨幣経済ですし。

という訳で大阪に行ってきた訳です。簡単に旅程を述べると:

7時過ぎ: 家を出る

10:30頃: 大阪に着く。こんなに早く来る必要はなかったということに遅まきながら気づく。

11:00頃: スターバックスで読み込みをする。

11:40頃: はたと思い立って観光に出る。梅田スカイビル空中庭園に登る。高い。1つ言えるのは一番面白いのは35階まで登るエレベータであるということ。

12:30頃: お昼御飯を食べる。

13:00-13:45: 本屋でそわそわする。

13:45-14:00: 待機しながらそわそわする。

14:00-15:00過ぎ: トークショー&サイン会。

15:30頃: 色々と満たされてしまったので大阪駅のベンチで動けなくなる。

16:00頃: 帰ることを目指し始める。

19:30頃: 帰宅。

という訳です。まあそんな訳で中身は薄そうに見えるのですが実際はそうでもなく結構歩いたり笑ったり飛んだり跳ねたりしていました。

それで主眼はトークショーな訳です。まずもって円城塔氏(本物)を見るのが初めてだったので実在したんだなあといった気分になりつつ、飽きない夫婦漫才が割とずっと続きましたが私は殆どずっと笑っていました。左の方には上半身を仰け反らせて呵々大笑している方もおり、そこまで笑うかといった気分にもなりました。ええ、はい。お互いにお互いを混ぜっ返す感じが良いです。来て良かったなあと考える訳です。家にはサインのない『読書で離婚を考えた。』が1冊あり、手元にはサイン入りの『読書で離婚を考えた。』がある訳です。どなたかサインのない方を欲しい方はいらっしゃいますかね。この際ただであげますよ。

まあそんな訳で遠征の価値はあったのでありまして、それでいてラテン語をやる必要はある訳です。貨幣経済はこの際関係ないです。