雑記帖

創作以外のことを書きます

嘘について

https://twitter.com/racbsk/status/863613795188457472

 

そもそもこのツイートをしたのは感情論に対して詭弁で反論し、さらにその上に詭弁を塗り重ねて不特定多数を侮辱するという地獄のようなやりとりを目撃したからなのだが、しかしまあこうしたことが起こったとしてもそれがそれなりに安全であるのはロジック自体は全く揺るがないということは注意深く見れば誰の目にも明らかであるからである。

ただ、同じようにロジックに本来的には影響を及ぼさないものの危険であるようなものとして詭弁乃至嘘があり、これが危険であるというのは、感情論はロジックに影響を及ぼさないもののロジックは感情に影響を及ぼしうるということに由来する。つまり、嘘は原理的にはロジックとは別の存在であるにもかかわらず、感情論とは違ってロジックの姿に偽装することができる。できるので、ロジックのもつ感情への訴求効果を擬似的に持つことができる。つまり、ロジック自体が堅牢であっても、それとは全然独立にロジックと似た効果を持つものを存在させることができる。

というのは第一次段階の危険であり、第二次段階の危険が存在する。それはつまり、事実は、それと対立するような事象が生じただけで、それと対立するような事象が何ら証拠を持たなくても、端的に嘘であっても、その信頼性を相対的に弱めることになる。ここでいう信頼性とは心理的なものでありロジカルに定量化されているものではない。したがって、事実は、もはやロジックによって支援されるだけでは信頼に足るに十分ではないということになる。相手が例え自らを補強するようなことをロジカルにしようとしなくても。ここで何が起こるかというと、簡単にいえば、ロジックが感情的な訴求力を失うということが起こる。それはつまり、感情に訴求しうるものがここではもはや感情でしかないということである。ロジックを互いに構築してそれによって議論を立てようとする形式は崩壊することになる。ここで注意して欲しいのは、この一連の過程において、事実及びロジックは十全に堅牢であるということである。ロジック自体が脅かされるのならばそれはロジックの危機であるが、ロジックは脅かされないのにロジックが力を失うというのは社会的な危機である。

こうした社会においては既に事実と嘘という厳密な区別を社会の中で見つけることは困難になり、ある一定の集団にとって事実らしい、あるいは事実であって欲しいものが、ある集団の中で事実とみなされるということになる。一旦その図式が確定してしまえば、あとは確証バイアスによる強め合いが起こるだけである。そうした全体において、ファクトチェックは無力であり、立場としてのニュートラルさは欺瞞としか見られなくなる。なぜなら、ニュートラルな立場というのは相反する事実をどちらも否定しようとしない優柔不断な立場だと、少なくとも特定の事実を抱える集団には映るからである。

ここで結論とするのは、言説ベースの事実の構成の困難さであり、シミュレーションベースのものをいかに構築するかという問いである。