雑記帖

創作以外のことを書きます

トロッコ問題の問題

覚え書き程度に書きます。

トロッコ問題とは、以下のような状況設定での選択問題のこと。「猛スピードでトロッコが走っており、線路の先には5人の作業員が居て、このままだと確実に轢かれて死にます。貴方は分岐器の側におり、路線を切り替えることができますが、切り替えた先には1人の作業員が居て、そっちが確実に轢かれて死にます。路線を切り替えますか、切り替えませんか。他には何もできません。」

第1の問題: 非現実性

他に打つ手はなく、どちらかを選ぶしかないという状況、全ての要素を把握できる立ち位置、線路の分岐を操ることができるような位置に居てぎりぎりまでトロッコが来ることに全く気づかない不自然さ。

第2の問題: 恣意的な制限

トロッコとか実際どうでもよくて、直接手を下しはしないが5人か1人どっちかを殺すことを選ばなきゃいかんのです、さあ選べという非常に制限の厳しい問題ですよね。実際に立ち会ったらどうするのかを考えろって、全員を助けるのに全力を尽くすに決まってますよね。実際に立ち会わないそういう特殊な状況ではどうかを考えろって、それ考えるのは良いですけどどこで使うんですかね。頭の中で道徳を云々しているだけではただの自己満足ではないですかね。

第3の問題: 通時的な決定性

上にも関連するけれど、どちらかは確実に死ぬと解っている状況なんて実際にはない。出来る限りのことに全力を尽くそうとする上で、5人より1人の方が助けやすいから1人の方に路線を切り替える行為とか、もし結果が解っていなかったらそういう判断をするだろう。その判断が後から振り返ってみてどうだったかという次元の話で先の判断を云々するのは実に実に意味がない。したがって、トロッコ問題のヴァリエーションとして太った人を突き落とすというのもあるが、これも太ったのを落としたら確実に止まるという本来は後から解ることを先に判断した上で議論を構成しており不毛。また、生存者を最大化しようとする人がさっさと犠牲者1を計上するだろうか。時間の概念を導入しないからこういう酷いことになる。

 

というわけで、私のトロッコ問題への回答は「偽問題であるため答える意味も価値もない」です。以上。