雑記帖

創作以外のことを書きます

トロッコ問題の問題

覚え書き程度に書きます。

トロッコ問題とは、以下のような状況設定での選択問題のこと。「猛スピードでトロッコが走っており、線路の先には5人の作業員が居て、このままだと確実に轢かれて死にます。貴方は分岐器の側におり、路線を切り替えることができますが、切り替えた先には1人の作業員が居て、そっちが確実に轢かれて死にます。路線を切り替えますか、切り替えませんか。他には何もできません。」

第1の問題: 非現実性

他に打つ手はなく、どちらかを選ぶしかないという状況、全ての要素を把握できる立ち位置、線路の分岐を操ることができるような位置に居てぎりぎりまでトロッコが来ることに全く気づかない不自然さ。

第2の問題: 恣意的な制限

トロッコとか実際どうでもよくて、直接手を下しはしないが5人か1人どっちかを殺すことを選ばなきゃいかんのです、さあ選べという非常に制限の厳しい問題ですよね。実際に立ち会ったらどうするのかを考えろって、全員を助けるのに全力を尽くすに決まってますよね。実際に立ち会わないそういう特殊な状況ではどうかを考えろって、それ考えるのは良いですけどどこで使うんですかね。頭の中で道徳を云々しているだけではただの自己満足ではないですかね。

第3の問題: 通時的な決定性

上にも関連するけれど、どちらかは確実に死ぬと解っている状況なんて実際にはない。出来る限りのことに全力を尽くそうとする上で、5人より1人の方が助けやすいから1人の方に路線を切り替える行為とか、もし結果が解っていなかったらそういう判断をするだろう。その判断が後から振り返ってみてどうだったかという次元の話で先の判断を云々するのは実に実に意味がない。したがって、トロッコ問題のヴァリエーションとして太った人を突き落とすというのもあるが、これも太ったのを落としたら確実に止まるという本来は後から解ることを先に判断した上で議論を構成しており不毛。また、生存者を最大化しようとする人がさっさと犠牲者1を計上するだろうか。時間の概念を導入しないからこういう酷いことになる。

 

というわけで、私のトロッコ問題への回答は「偽問題であるため答える意味も価値もない」です。以上。

行為について

例えば、コンビニに迷惑な客が来て迷惑な行為を行ったとして、その客が高齢であったとする。あるいはイスラム教徒、中国人、在日朝鮮人ユダヤ人、若者、男性、女性などであったとしてもよい。その際に、店員や別の客の立場でその現場を目撃したとして、迷惑な行為をその客の先に述べたような属性と結びつけて考えること(「これだから老害は」といったように)は妥当であるか。

完全に妥当であると考える人は少なかろうと思うが、ではその属性とそうした行為の行いやすさとの間に信頼できる統計に基づく確かな相関があるとした場合、それは妥当であるかというのを問題にしたい。もし相関が無い場合これは単なる心理学の問題になると思う。

統計を個々のケースに安易に適用すべきではないというのは当然そうであって(つまり、何もそうした行為を行っていないその属性の客を一様に迷惑行為を行う蓋然性が高いと考えるのは誤り)、では実際に行為した客に対峙した際にどう考えるべきかというところ。ここで考えるというのは、それを言明することにほぼ滑らかに繋がるものである。

これは例えば、以前少しどこかで話題に上がっていた小児性愛者の問題とも通底するものがあり、つまり例えば実際に小児の強姦を行った者が居たとして、その者が小児性愛者であるかどうかということが行為への判断に影響すべきかということである。ただ私は小児性愛者の方が小児の強姦を行いやすいということを証明するデータは持たない。

もう一つ例を挙げると、上野千鶴子氏(や内田樹氏)の言説を裕福だからとか高齢だからとかいう理由から糾弾することは妥当なのかどうかという問題とも繋がり、実際に(かどうかは解らないが)そういう人が多いからといってそうした属性を基にして批判がなされるべきなのかという判断の問題になる。

個人的な結論を述べるならば、理由あって私はそれは妥当ではないと言いたい。一つに、より一般的な道徳の構成を妨げることになる。なぜなら、行為の悪徳を属性の悪徳に結びつける危険性があるからである。その行為それ自体を推奨乃至行わせるものであっても属性自体を悪徳とみなすことはできない。もう一つには、一つ目と関連するものの、行為の道徳性に対しても目を曇らせるからである。

例え誰かがどのようなことを信じていたとしても、それが行為という形で外部に(悪)影響を及ぼすことがなければそれは実際に問題がないのであり、その意味でドグマすら単純に棄却されるべきではないのかもしれないと、強い道徳の結構を構成するという可能性に対して判断が揺らぎがちである。

よくここまで読んだね。よっぽど暇なんだね。

ノヴァイオレット・ブラワヨ『あたらしい名前』感想など

ジンバブエからアメリカへーー。グァバを盗んだり、ごっこ遊びをしたり、天真爛漫に遊ぶジンバブエでの日々を経て、少女ダーリンはアメリカに移り住む。しかし豊かで物があふれる国での暮らしは、予想外に戸惑うものだった。」(カバーより)

 

カバーにこう書いてあるのですが、これ殆ど詐欺。「ごっこ遊び」という言葉に収斂されているのは世界システムであって、殺人であって、天真爛漫さはむしろ残酷さだと、子供でない目線からはそうとすら見えてしまう。ストーリーは確かに冒頭に書いた通りで、内容はアフリカの生々しい現実を感じさせるものでもあるのですが、それがおそらくこの物語の本領ではない。

Twitterで軽く感想をサーチしてみると、まず目に入るのは「アフリカの現実をまざまざと見せつけられ衝撃を受けた」という類いのもの。いや、この本を読むまで貴方はアフリカのことを何だと思っていたんですかね。あまりに無関心過ぎではと。そうでない感想で見当たったのは「貧困も知ってることばかりだし、テーマだけが壮大で結局回収されず終わりも適当」というもの。それはあまりに内容しか読んでいなさ過ぎでは。

言いたいことは、この物語の本領は視点にあるのだと、そう思う訳です。大きな世界の文脈の中にはない、本来のままで解釈から離れたまま放り出されているほんとのことを、そのまま突きつけられるような特異な視点。視点が痛い。多分、あるように、いつものようにアフリカについて思うように憤ったり、同情したりできるのであれば、こんなに刺さりはしないのだと思う。

アフリカはどのようであるか、知っていることばかりであったというのは私にとっても必ずしも当てはまらないことではないのですが、それでも知らなかったような生々しさがあります。過激という言い方が正しいのかは解りかねますが一般的にそうとされる描写もありますが、読んで後悔はしないと思います。高いけど。

テンションが解らない

いやさ、ブログを書いていて少なくとも自分で面白くなかったら多分人が読んでいても面白くないのだろうと特に思いはしないのですが、そうでなくても書いていて面白くもないものを書きたくもない訳ですよ。したがって面白おかしく書きたいと思う訳ですが、だからと言って私がRO69のライブレビューみたいなテンションでブログを書いていても不穏だしそれはそれで面白くもないという訳であって、要するにブログを書くのに適切なテンションが解らないと。ではTwitterには何故書けるのかは謎ですね。

というか、それはインターネットメディアを読んでいても思うことではあるのですが、随分読みやすい文章が多いなと。口語体のような文章で、無駄に改行が多く、面白い感情を面白いとも書かずに(笑)と書いて面白がっていることをプリミティヴな次元で表象する。感情だけで読めてしまうような文章であって、感情が動く訳ではないというのは表現形式として新規ではあると思うのですが、それはつまり記号に応答しているだけではないのですか。

そういえば先日「愛とは何か」と急に聞かれたのですが、道徳と愛の違うところは哲学的ゾンビには後者の実現は不可能だということは確かだなと思いましたね。それは別に心があるからとかそういう通俗的なロマンティシズムに基づいてではなく、道徳は内面が必ずしも伴う必要はない、つまり道徳的とみなされている行為を行うことが実際的にその人自身を道徳的だとすることになるのに対して、愛はそのようにみなされている行為のセットメニューがないということ(性愛的な行為は形式の多様性やプラトニックな愛の存在から棄却される)であり、要するに言いたいことは、深い次元で感情を喚起するのは行為という記号化された表現形式では困難が伴うのではということです。

だからテンションは低めで書きます。以上です。

テッド・チャン『あなたの人生の物語』感想など

とても面白いのでSFへの好悪に関わらず読んでほしいところではあるが、1つ1つの短編が重くて、1日に1-2編読んでもうお腹一杯になる。余談だが、とあるレビューでチャンのことを「話をまとめた円城塔」と評しており、いや円城塔の立場…

 

「バビロンの塔」

崩れない。塔を登って穴を掘る話。

SF的であるとはどういうことかという問いに対して存分に答えになるように作品だと思える。科学はあくまでガジェットであって想像力ドリブンなのだという言い方も出来るし、迫真性を与えるものがそれであるという言い方も出来るかもしれない。

 

「理解」

薬の副作用でそれはもうとても頭が良くなる話。

ストーリー立て自体はそれだけであって、出来るようになることも一般的な想像の範疇にはあるが、描写の頭が良いので読める作品になっていると思う。ただ世界全体に構造があるという発想はちょっと楽観的過ぎやしないか。

 

「ゼロで割る」

ゼロで割らない。

ゲーデル不完全性定理から着想を得たらしいのだが、話はつまり明らかな数学的証明によって公理系に矛盾が生じるというまあ悪夢みたいな事実を発見した妻についていけない夫が主人公の話。数学SFとしてはイーガンの「ルミナス」より個人的には面白い。

 

「あなたの人生の物語」

異星人が来て帰る話。

ホーガンなどを読んでいても異星人とのコミュニケーションを実にスムーズに行ってしまうので不満があったのだが、そういう人は読めば良いと思う。異星人の言語の通時的機構のようなものは非常に示唆的。映画やるらしい。

 

「七十二文字」

趣味がかなり入っていそうだと読みながらに思う。前成説とゴーレムが色々。テーマ性をあまり感じなかったのでエンターテイメントとして消費する分には面白いと思ったがそれ以上ではない。関係ないけど、センター国語でゴーレムゴーレム騒いでいたのは本当に理解不能でしたね。

 

「人類科学の進化」

短い。人類の中である種の進化を遂げるものが出たせいで共同体が分裂し、進化していない人類は進化後の人類との知識の断絶を前にいかにせましと思う話。クラークの「幼年期の終わり」ではオーバーロードの圧倒的な科学を前に人類がやる気を無くすが、それは利益が享受されているからであり、このように純粋な断絶だとどう成るかというところは興味深くはあった。

 

「地獄とは神の不在なり」

世界観が衝撃的。天国・地獄の存在、災厄あるいは奇蹟をもたらす存在としての天使が当たり前に存在する世界の中で、色々と理不尽な神の意志に対して人間が困る話。終盤のバラキエルの顕現の様子は神話的な感動があって良かったが、地獄に堕ちた以降は嫌な感情がたまり後味が悪い。

 

「顔の美醜についてーードキュメンタリー」

念のために述べておくとドキュメンタリー形式であってドキュメンタリーではない。顔の美醜を認識できなくなる(顔の特徴自体が認識できない訳ではない)処置が開発されそれについて揉める話。義務として強いることは何にせよ間違いだと思えるしまして子供にそれを強いるならなおさらだと個人的には思う。あくまで自分の目についてしか効果がないというのも一つの問題のようには。

 

新作が出たら買いたくなるくらいには作家として全体に面白いと思う。

 

ブログを始めた

どうも、#0です。

大学生になることが既定事項になり入学試験も終了したのでブログを始めました。前から、長々と語りたいことを140字に突っ込むことも意味がないなと思っており、それに従って始めただけなので深い動機はなくただ書き散らすだけです。

書きたいのは小説であって他ではなく、おそらくここに書かれるであろうことは、本の感想・どっか行った・時事についての感想・そうでなければ哲学か数学だと思われます。ブログ書くだけでお金を稼げたら良いのにと思いながら書いていますが望みは薄そうです。

何にせよつらつらとやります。読者の存在は想定しません。